本文へ移動
社会福祉法人 祥寿園
社会福祉法人 祥寿園
〒751-0833
山口県下関市武久町二丁目53-8
TEL:083-253-5251
FAX:083-252-8706
 
 

相談員ブログ

 祥寿園グループの職員が、施設の出来事や日頃感じたことを気ままに記載していくことにしています。頑張って更新していきますので、たまに覗いてくださいね。

相談員ブログ 検索

RSS(別ウィンドウで開きます) 

RUN伴2016!!(平成28年11月5日)

2016-11-05
『このイベントは「認知症の人に何かを支援する」ではなく、走ること、たすきをつなぐことを通じて誰もが自分事ととらえ、市民、企業、行政が力を合わせ、誰もが安心して暮らせる地域を作っていくキャラバンである』主催:NPO法人認知症フレンドシップクラブ/RUN伴2015実行委員会 より
 
サテライト望海苑 尾上です。
『チーム名:特別養護老人ホーム寿海荘』で今年も参加をさせて頂きました。(参加2回目)
 
今年は、別の参加者の方とも一緒に関門トンネル人道入り口(門司側)⇒門司港レトロ地区を怪我なく完走し、北九州エリアへ無事たすきをつなげる事ができました。
 
○『認知症であってもなくても、誰もが助け合って、ともに暮らす町づくり』に向けて今後も下関・武久地域・寿海荘・望海苑を一人一人の力で支え合って行きたいと思います。

武久海岸清掃

2016-10-06
武久病院グループの職員で、環境美化活動の一環として武久海岸の清掃を行ました。海岸数百メートルを手分けして、可燃物、不燃物、漁業用ブイ、流木など多くのゴミを回収しました。定期的に開催していますが、いつまでも美しい武久海岸を維持していきたいものです。

武久蕪をうえました

2016-09-05
デイサービスの佐藤です
「ふるさとの本下関北浦談議」という本に掲載されていた、まぼろしの山口指定のの特産品野菜だった、武久蕪(たけひさかぶ)をご存知でしょうか?原産地は名前のとおり武久地区です。これを見て私は、高齢者の方々に聞いてみると、知らない方がおおかったのですが、ある高齢者から正月に食べる蕪は武久蕪だった、昔はよく食べたとの言葉を聴きました。そこで、デイサービスでも利用者と一緒に植えてみたいと考え、武久蕪の苗・種を購入しようと行動をしましたが、以外や以外、市販されてなかったのです。下関園芸センターに電話をしても種の保存は行っていないとのことで、今年はもう無理かとおもっていましたが、色々な方々のご協力のもと、下関市で唯一、種の保存をされている方がおられ、その方より種を分けていただきました。9月5日第一弾としてご利用者と一緒に種まきをしました。種は本当に小さく、写真でもおわかりになると思いますが、種の隣にあるのが色鉛筆です。今後も活動紹介または、デイサービスのページで「武久蕪奮闘」アップしていきます。よろしくお願い致します。
もう一点、武久の名前の由来の一つは、神功皇后がこの地で武運長久を祈願したことからみたいです。

祝・40周年

2016-06-01
寿海荘は、おかげ様で開設40周年を迎えました。
昭和51年6月1日に特別養護老人ホーム寿海荘(70床)が開設され、3年後の昭和54年6月1日に寿海荘別館が増設(60床)し、県内で最も大きい130床の特養となりました。
今後も40周という歴史に誇りを持って「安心・安全・快適な生活環境づくり」を目指して、職員一同気持ちを新たにして頑張っていきます。今後もよろしくお願いします!
 

5月行事

2016-05-01
寿海荘中庭に鯉のぼりと玄関に5月人形(鎧飾り)を出しました。
鯉のぼりは晴天の時だけ、毎朝夕に上げ下ろしします。青空のもと、海風によって泳ぐ鯉のぼりを見て利用者の皆様に喜んで頂けたらと思います。
鎧飾りは、豪華さ迫力があって利用者、ご家族様からも大好評です。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る
google-site-verification: google4cdb9c4a94a9914e.html